コム デ ギャルソン・オム、2019年春夏コレクション発

2018年8月16日 22:53

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 コム デ ギャルソン・オム(COMME des GARÇONS HOMME)の2019年春夏コレクションは、カジュアルとフォーマルのバランスが絶妙。おそらく、ベースとしているのは紳士的かつフォーマルな要素でありながらも、ブランドの真骨頂であるミリタリー感を色濃くしている。

■フォーマルを礎にした、ミリタリーの構築

 ボックスシルエットのジャケットは、いつもより細身の設定と思いきや、中に忍ばせたドローコードでシルエットに強弱をもたらしている。ジャケットのパターンは至ってクラシカルで、だからこそ腕のドッキングに違和感がない。まるで50年代を想わせるレトロなパターンから成るジャケットは、腕がMA-1の素材なのに、あたかもそれが当然であるみたいだ。

■ディテールで浮き彫りになるユーズド感

 ジャケットはアウトポケットで仕立てることでカジュアルなエッセンスを強調。上質なウールにはほんのりシワ加工を施して、ステッチにもギャザリングをプラスする。クレイジーパターンのカバーオールは、ユーズド感たっぷりで、幾何学模様に切り替えたジャケットはまるで大胆な迷彩柄のよう。小さな部分にこそコム デ ギャルソン・オムらしさが匂う。

 フォーマルシャツによく見るストライプのテキスタイルは、細かいアレンジでミリタリーにシフト。まるでパズルのように色を切り替えたり、グログランテープを走らせたり。スカイブルーに栄えるカーキは、遊び心の現れだ。

 ボトムスは、クロップド丈のスラックス。特に今季はワイドストレート、あるいはテーパードが主流だ。また、股上を深く設定して、故意にゆったりと身に着けることで、クラシカルなジャケットもどこかヌケのあるスタイルへと転換。時にはそのルーズさが、男くささを感じさせる。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコム デ ギャルソン・オム(COMME des GARÇONS HOMME)2019年春夏コレクション

広告

写真で見るニュース

  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
  • (c) 水木プロダクション 作画:一智和智
  • 「A110S」(画像: アルピーヌの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース