仮想通貨に特化のSNS「Crypto Place(ベータ版)」事前登録を開始 19日まで

2018年8月9日 21:06

小

中

大

印刷

「Crypto Placeトップページ」(写真:CryptoPlace発表資料より)

「Crypto Placeトップページ」(写真:CryptoPlace発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 CryptoPlaceは9日、9月に本リリースを予定している仮想通貨に特化したSNS「Crypto Place(ベータ版)」の事前登録を開始した。同サービスは仮想通貨に関する多種多様な情報を他ユーザーと共有できるSNSで、メールアドレスのみで登録でき、利用・登録ともに無料。事前登録期間は19日までで、期間中に登録するとハートポイントが付与される(システムについては後述)。

【こちらも】仮想通貨交換業者、大手の参入続き上場目指すケースも

■Crypto Placeとは?

 Crypto Placeは、取引所、トレード、銘柄、チャート等仮想通貨に関する様々な情報を共有できるSNS。現時点ではトピック、タイムライン、ハートポイント制度と3つの機能を有している。

■トピックとタイムラインで情報収集・交流を可能に

 トピックでは、トピックグループを作成することで各種の気になる内容について他ユーザーと話し合える。特定の話題について話し合うことに向いている機能のため、具体的な情報収集や濃密な交流を可能とするだろう。

 タイムラインでは、自身が気になった内容の投稿や、他ユーザーによる投稿の閲覧ができる。Twitter等SNSに備わっているタイムラインを想像すると分かりやすいだろう。

 投稿は、ユーザー全体から見えるものとユーザーと友達になっている人のみが見えるものとの2種類があり、用途に応じて使い分けできる。

■保持数で特典が変わるハートポイント制度

 ハートポイント制度とは、ポイント保持数に応じてユーザーに特典が付与されるシステム。自身の投稿に他人から評価がつくとハートポイントが付与され、保持数によって友達申請の上限数が変わる。

 事前登録の特典として、期間内に登録したユーザーにはハートポイントが500ポイント付与される。また今後はポイントによる交換制度も考えているという。

■年内実装予定のメッセージ機能

 ユーザー間でメッセージの送受信が可能となる機能を年内に実装予定とのこと。メッセージで個別に交流を持つことで、トピックやタイムラインには現れない有益な情報をやりとりできる可能性は高まるだろう。(白詰なでしこ)

関連キーワード仮想通貨

「SNS、ソーシャルサービス」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース