過熱したリチウムイオンバッテリ1つで飛行機墜落の可能性も

2018年8月8日 15:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 昨今のバッテリ式電子機器の多くではリチウムイオン電池が使われているが、このリチウムイオン電池の過熱・発火事件はたびたび発生している。こうした発火事件が航空機内で発生した場合、航空機の貨物室に設置されているハロンガス消火設備では消火が難しいという(ブルームバーグ)。

 ハロンガス消火設備は、不活性ガスであるハロンを放出して火が燃え広がるのを防ぐもの。米連邦航空局(FAA)が行った実験では、ハロンガス消火設備によって加熱した電池から火が燃え広がるのを防ぐことはできたが、加熱自体は抑えられず、たとえばエアゾール缶に熱が伝わって爆発する、といった事故は防げなかったという。

 こうした爆発によって飛行機が損傷する可能性はないとは言えず、ここから、「バッテリ1つで飛行機は落ちうる」とされたようだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 電力

 関連ストーリー:
米政府、今度はノートPCを旅客機の預入手荷物に入れないよう求める 2017年10月22日
FAA発表、今年民間機で発生した手荷物/貨物のバッテリー関連事故は少なくとも17件 2017年06月11日
バッテリ過熱・爆発騒動のGalaxy Note 7、旅客機内への持ち込むに対し罰則へ 2016年10月18日
バッテリー過熱問題が相次ぐGalaxy Note 7、国交省が航空機内での利用停止を求める注意喚起 2016年09月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードリチウムイオン電池

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース