ローマ市、OfficeアプリケーションのLibreOffice移行を本格的に開始

2018年8月5日 22:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

イタリア・ローマ市では市職員が使用するOfficeアプリケーションについて、LibreOfficeへの本格的な移行を開始したそうだ(欧州委員会 — Joinupの記事Neowinの記事)。

ローマ市は2016年、ベンダーロックインを排除するためにアプリケーションソフトウェアのFOSS移行を決定。2017年初めにはすべてのデスクトップアプリケーションとサーバーベースソリューションのリストアップを完了していたという。

今年4月には14,000台のPCにプロプライエタリなOfficeアプリケーションを残したまま、LibreOfficeのインストールを完了している。これにより、職員は徐々にLibreOfficeの操作に慣れていくことが可能となっていた。市では各部署にFOSSを支持する職員が平均2名配属されており、これらの職員は同僚への指導などを可能にするため、2日間のコースも受講したそうだ。

最初にプロプライエタリのOfficeアプリケーションをアンインストールし、LibreOfficeへ移行するのはOfficeアプリケーションの使用時間が月1時間未満のグループだ。以降、Officeアプリケーションの使用時間に応じ、順次プロプライエタリのOfficeアプリケーションはアンインストールを進めていくとのことだ。 

スラドのコメントを読む | オープンソースセクション | オープンソース | ソフトウェア | EU | 政府

 関連ストーリー:
ドイツ・ニーダーザクセン州、税務所で使う1万3千台近いLinux PCをWindowsへ移行する計画 2018年07月29日
LibreOfficeがMicrosoft Storeに登場、ただし…… 2018年07月26日
ドイツ・ミュンヘン市議会、Windows 10への全面移行を決定 2017年11月26日
LibreOfficeへの移行を計画しているイタリア国防省、OSはWindows 10へ移行する計画 2016年11月11日
英国政府、LibreOffice導入へ 2015年10月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードLibreOfficeOffice欧州委員会ローマ

広告