ホンダ・スーパーカブに60周年記念モデル 10月末までの限定受注

2018年8月3日 16:53

小

中

大

印刷

スーパーカブ50・60周年アニバーサリー(マグナレッド)。(画像:本田技研工業発表資料より)

スーパーカブ50・60周年アニバーサリー(マグナレッド)。(画像:本田技研工業発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • スーパーカブ100・60周年アニバーサリー

 本田技研工業(ホンダ)は、スーパーカブの誕生60周年を記念して、特別なカラーリングを加えた「スーパーカブ50・60周年アニバーサリー」と、「スーパーカブ110・60周年アニバーサリー」を、それぞれ2018年11月22日に発売すると発表した。受注期間は、8月1日から10月31日までの限定となっている。

【こちらも】ホンダ・新型スーパーカブC125 第二種原動機付自転車の125ccクラスの実用車

 このスーパーカブ60周年アニバーサリーは、1963年にアメリカで展開されて話題を呼んだ「ナイセスト・ピープル・キャンペーン」の広告に描かれたイメージイラストをモチーフとしたマグナレッドを主体としたボディカラーにツートーン仕様のシートやブラック塗装のリアキャリアを採用するなどした、特別なカラーリングの1台である。

 さらに、スーパーカブ誕生60周年の記念エンブレムがサイドカバーとキーにそれぞれ採用されている。

 スーパーカブは、1958年8月に初代「スーパーカブC100」が発売されて以来、世界的なロングセラーモデルである。現在、シリーズとしての世界累計生産数は、2018年6月末時点で約1億200万台であるという。

 その低燃費、静粛性、信頼・耐久性の源は4ストロークエンジンである。また、乗り降りしやすい低床バックボーンタイプのフレームや、クラッチ操作を省いた自動遠心式クラッチなども採用されている。

 また、ボディーラインはレッグシールドからリアフェンダーにつながるなめらかな局面で構成され、ボディー両サイドには取り外し可能なサイドカバーが採用されている。テープランプは被視認性に配慮した、丸みのある縦長テールランプとなっている。

 販売計画台数は2,300台。メーカー希望小売価格は消費税込みでスーパーカブ50・60 周年アニバーサリーが24万3,000円、スーパーカブ110・60 周年アニバーサリーが28万6,200円。(藤沢文太)

関連キーワード本田技研工業スーパーカブ

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース