月は生命が存在できる環境だった可能性も

2018年7月31日 19:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 35億年前もしくは45億年前には、月に生物が生息できる環境が存在していたかもしれないという(Astrobiology誌掲載論文PDF)。

 月がどのように形成されたかについては議論があるが、月が生まれた直後には月面で火山現象があり、薄い大気が存在した可能性があるという。また、その時期には水が存在した可能性もあるという。ただ、あくまでこれらは推測であるうえ、生命の誕生には大気や水以外の要因も必要であり、生物が存在していたかどうかを実証するハードルは非常に高いようだ(ギズモード・ジャパンSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 宇宙

 関連ストーリー:
NASA、30億年前の火星の泥岩から有機分子を発見 2018年06月10日
太陽系外から飛来した天体「オウムアムア」、表面には炭素を含む層があることが判明 2017年12月21日
土星の衛星「エンケラドス」で水素が観測される 2017年04月16日
英国人の56%、地球外に移住するなら月がいい 2016年11月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース