JR東、駅ホームで列車の発車知らせるメロディ廃止の実験 常磐線で8月から

2018年7月31日 19:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 JR東日本が駆け込み乗車対策として、駅施設の代わりに車両の車外スピーカーから音を出す実験を8月1日から始める(共同通信)。

 駅ホームで流れるメロディによって駆け込み乗車が誘発される可能性があるとし、メロディを廃止することで駆け込み乗車が減るかどうかを確認するようだ。メロディの代わりとして、車両のスピーカーだけでドアの開閉を知らせるという。まずは常磐線各駅停車の亀有-取手間で8月1日より実証実験を実施する。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 交通

 関連ストーリー:
国交省が鉄道遅延を「見える化」、遅延の原因の過半数は乗客などによる外部要因 2018年01月10日
みなとみらい線、折り返し乗車防止運動を展開。悪質不正乗車には増運賃を請求 2017年05月19日
スラドに聞け:東京の満員電車を無くすにはどうすれば良い? 2016年08月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードJR東日本

「運輸・物流・鉄道」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース