オプティム 森林の見える化、サプライチェーンの効率化を目的として「スマート林業」への取り組みを開始

2018年7月27日 12:48

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:48JST オプティム---森林の見える化、サプライチェーンの効率化を目的として「スマート林業」への取り組みを開始
オプティム<3694>は24日、ドローンを用いた林業の見える化、IoTを活用したサプライチェーンの効率化を目的とした、「スマート林業」への取り組みを開始すると発表。取り組みの第一弾として、ドローンの空撮画像から資源量調査などを行うことが出来るサービス「Forest Scope」の提供を開始する。

同社では、これまでスマート農業への取り組みを推進しており、18品目18都道府県に拡大し、開始半年間で約300団体がアライアンス会員として参画している。スマート農業では、農業向けマルチコプター型ドローンや固定翼機型ドローンの開発、空撮画像をAIが解析するサービスを提供してきた実績がある。《SF》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース