サンコーテクノの熱中症対策の新商品として販売した熱中アラーム「TT-562ST」は7月23日で販売終了

2018年7月26日 10:07

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

建設用あと施工アンカーの最大手であるサンコーテクノ<3435>(東2)は、工事現場のニーズをくみ取り、次々と新製品を開発することで、定評があるが、今回、熱中症対策の新商品として熱中アラーム「TT-562ST」を販売した。

建設用あと施工アンカーの最大手であるサンコーテクノ<3435>(東2)は、工事現場のニーズをくみ取り、次々と新製品を開発することで、定評があるが、今回、熱中症対策の新商品として熱中アラーム「TT-562ST」を販売した。[写真拡大]

写真の拡大

■熱中アラーム「TT-562ST」の需要が急増

 建設用あと施工アンカーの最大手であるサンコーテクノ<3435>(東2)は、工事現場のニーズをくみ取り、次々と新製品を開発することで、定評があるが、今回、熱中症対策の新商品として熱中アラーム「TT-562ST」を販売した。

 今年の酷暑を見越し、5月11日より工事現場での熱中症対策製品として、熱中症予防指針をアラーム音と数値で知らせる熱中アラーム「TT-562ST」の販売を開始した。

 ところが、この連日の酷暑のため、熱中アラーム「TT-562ST」の需要が急増し、7月23日には、今年度予定数量を販売したため、販売終了となっている。

 同社は、現場のニーズをくみ取り、製品に反映させる現場密着型の企業であることから、高機能製品を開発したり、提供したりすることで業績を伸ばしている。

 ちなみに、今期19年3月期連結業績予想は、売上高168億円(前期比2.9%増)、営業利益12億円(同3.5%増)、経常利益12億10百万円(同4.1%増)、純利益8億35百万円(同4.8%増)と増収増益を見込む。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告