ライフ RSS

 

ノンアル飲料の拡大続く 理由は味か

2018年7月23日 11:01

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

サントリーは一都三県に在住する20~69歳の成人男女 30,000人を対象に「ノンアルコール飲料に関する消費者飲用実態調査」を実施した。

サントリーは一都三県に在住する20~69歳の成人男女 30,000人を対象に「ノンアルコール飲料に関する消費者飲用実態調査」を実施した。[写真拡大]

写真の拡大

 サントリーは一都三県に在住する20~69歳の成人男女 30,000人を対象に「ノンアルコール飲料に関する消費者飲用実態調査」を実施した。

【こちらも】ノンアルコール飲料市場は堅調に拡大、定着した理由は?

 2017年のノンアルコール飲料市場は、約4,536万ケース(対前年105%)。2012年に大きく伸長したノンアルコール飲料市場だが、それ以降も堅調に推移しています。8年は約4,621万ケース(対前年102%)と推定され、市場規模は拡大傾向と見込まれている。

 ノンアルコール飲料の飲用経験について質問したところ、5割以上(54.8%)が「飲んだことがある」と回答した。ノンアルコール飲料を「飲んだことがある」と回答した16,438人(以下、ノンアルコール飲料ユーザー)に飲み始めた時期について質問したところ、「最近1年以内に、初めて飲んだ」(11.9%)、「1年以上前にも飲んだことはあるが、最近1年以内になって再び飲んだ」(22.1%)の合計が、3人に1人以上となった。ここ1年での飲用の増加が一因となり、ノンアルコールビールテイスト飲料市場は伸長する見込だ。

 ノンアルコール飲料を「最近1年以内に、初めて飲んだ」と回答した1,950人(以下、新規ユーザー)に、ノンアルコール飲料を飲んだきっかけについて質問したところ、「テレビCMをみて」が第1位(20.2%)となっている。

 ノンアルコール飲料ユーザーに普段飲むシーンについて質問したところ、「夕食時」(15.6%)「運転がある時」(6.3%)「夕食後」(5.6%)が上位回答だった。新規ユーザーに限ると「昼食時」が第3位(6.5%)となり、「運転がある時」が第6位(4.6%)となっている。新規ユーザーは、運転などやむを得ない事情でノンアルコール飲料を飲むというよりも、昼食時などカジュアルなシーンでノンアルコール飲料を楽しんでいるようだ。

 ノンアルコールビールテイスト飲料が最近おいしくなったと思うか質問したところ、9割以上(90.8%)がおいしくなったと回答した。おいしくなったと回答した1,124人にそのポイントについて質問したところ、「ビールらしい味」が第1位(74.6%)となった。

 おいしくなったポイントが「ビールらしい味」であると回答した838人に「ビールらしい味」とは具体的に何か質問したところ、7割以上(72.9%)が「麦の味わい」、6割以上(60.5%)が「のどごし」と回答。麦由来のビールらしい味わいやのどごしの良さが、ノンアルコールビールテイスト飲料のおいしさと感じているである。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
ノンアルコール飲料が市場に定着した理由とは
家飲み意識調査でわかった「家飲み増加傾向」と「家計不安」
酒類マーケット、14年度は前年比99.3% 「新ジャンル」不調、ウイスキーは好調
一転「トクホ認定」、ノンアルコールトクホは健康ブームを巻き起こせるか

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードビールサントリー

広告

写真で見るニュース

  • ゆいレール (c) 123rf
  • 2018年7月に実施された実証実験時の様子。(画像:セコムの発表資料より)
  • 新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)
  • 金農パンケーキ~ブルーベリー&ホイップクリーム~。(画像:ローソン発表資料より)
  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース