犬が飼い主に使うジェスチャー、少なくとも19種類が確認

2018年7月22日 23:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 犬は飼い主に自分の要望を伝えるため、少なくとも19種類のジェスチャーを使うという(ナショナルジオグラフィック)。

 人間を含む類人猿では、ジェスチャーでメッセージを伝えることが知られている。こういったジェスチャーによる意思の伝達は、類人猿以外でも例は少ないものの確認されており、犬もその1つだという。

 犬が飼い主とコミュニケーションを取っている動画を研究者らが収集・分析したところ、19種類のジェスチャーが確認されたという。これら複数を組み合わせて伝達を行うが、それぞれのジェスチャーが何を要求しているかは犬によって異なるそうだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
犬も人間同様の嫉妬心を抱く 2014年07月28日
史上初の犬向け専用チャンネル、全米放送開始 2013年08月02日
犬の思考が分かる日は近い? 2012年05月09日
今度は猫向け「ミャウリンガル」発表 2003年07月16日
バウリンガルがIgノーベル賞を受賞 2002年10月07日
鳴き声から感情を分析するイヌ語翻訳システム 2001年08月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード

「自然環境・動植物」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース