EU、Googleに罰金5700億円命じる 過去最高額の制裁金

2018年7月20日 22:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 欧州委員会が7月18日、Googleに対し43億4000万ユーロ(約5703億円)の制裁金支払いを命じた(ITmediaギズモード・ジャパン)。

 Googleに対しては2017年にも欧州委員会がWeb検索で自社を優遇したとして3000億円の制裁金を課しているほか、ロシア米ミズーリ州などでも同様のトラブルを起こしている。

 今回の問題は、GoogleがAndroid端末に対しGoogleのアプリをプリインストールさせているとし、これが反競争的であるとされたもの。また、こういった慣行を90日以内に停止することも命じている。

 これに対しGoogleは上訴するとしている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | Google | EU

 関連ストーリー:
米ミズーリ州、独禁法違反の疑いがあるとしてGoogleを調査へ 2017年11月16日
欧州委員会、GoogleのWeb検索で自社を優遇したとして3000億円の制裁金を課す 2017年07月01日
Googleの、ロシア独禁当局と合意により他社製アプリもプリインストール可能に 2017年04月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroid欧州委員会

「IT・情報通信業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース