【銘柄フラッシュ】Olympicグループが連日急伸しブランジスタも連日高い

2018年7月13日 17:06

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 13日は、Olympicグループ<8289>(東1)の23.2%高が東証1部の値上がり率1位となり、6月中旬から材料視されている自社開発品の「シリコーンを用いた特殊機構によりペダルを漕ぐ力を無駄なく使い切り、『電池のいらないアシスト自転車』を実現する画期的なギア『FREE POWER』」について、11日に発表した第1四半期決算短信で「他社製自転車に装着することもできることから自転車メーカー等への提供も含め今後多くの需要を開拓」とあることなどが注目されて2日続けて大幅高。

 2位はGunosy<6047>(東1)のストップ高は21.0%高となり、12日に発表した5月決算と今期の見通しやブロックチェーン新事業への進出が材料視されて急伸。

 3位は古野電気<6814>(東1)のストップ高の18.4%高となり、12日に発表した第1四半期決算の大幅増益と通期見通しの増額修正などが好感されて戻り高値を大きく更新。

 ファステップス<2338>(東2)は今2月期の完全黒字転換に期待再燃とされて16.6%高。パシフィックネット<3021>(東2)13日に決算発表を予定していたため期待先行高となり12.6%高。

 ブランジスタ<6176>(東マ)はクレーンゲームとAKB48チーム8とのコラボが注目されて2日連続大幅高の19.2%高。スタジオアタオ<3550>(東マ)は四半期決算が評価されて3日続伸、2日連続大幅高の8.7%高。

 テリロジー<3356>(JQS)は大株主カイカ(2315)との関係や画像認識技術を活用したロボティクスツールなどが材料視されて下値をセリ上げてきた相場がふっ切れたように動き出して一時ストップ高となり大引けも12.5%高となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「銘柄フラッシュ」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース