11億年前の生物に由来する色素を発見 オーストラリアでの研究

2018年7月13日 11:09

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 オーストラリア国立大学の研究者らが、11億年前の生物に由来する色素を発見したそうだ(PHYS.ORGAFPSlashdot)。

 この色素は「シアノバクテリア」という単細胞生物によって作られたもので、ピンク色をしているという。元々は葉緑素が化石化した物で、青緑色だったはずだとされている。西アフリカ・タウデニ盆地で採掘作業を行っていた石油会社が掘り出した岩石から偶然発見されたそうだ。

 これまで発見されていた最古の色素は約6億年前のものだったそうで、この単細胞生物が生息していたとみられる11億年以上前には海洋内に藻類などが殆ど存在していなかったことを示唆しているという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
始祖鳥の羽は「95%の確率で黒」 2012年01月26日
ガンは 10 億年前の生命の姿? 2011年02月15日
1億年前の羽の化石から色素を発見、色を再現できる可能性 2008年07月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードオーストラリア

「サイエンス」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース