日産で排ガス検査結果の改ざんが発覚 完成検査不正の発覚後も続く

2018年7月10日 18:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 日産自動車が完成車の出荷前に行う「完成検査」において、抜き取り検査で行われる排ガス性能測定で数値の改ざんを行っていたという(朝日新聞ロイターブルームバーグ)。少なくとも2013年4月から最近まで行われていたとのことで、社内調査で発覚した。

 日産自動車では昨年無資格の従業員が完成検査を行っていたことが発覚し(過去記事)、さらにその不正発覚後も不正が続いていたことが明らかになっているが、今回の排ガス性能測定における数値改ざんについても同様だったようだ。

 問題があった車種は19車種で、「試験環境の逸脱」が690台、「データ書き換え」が913台で、重複を除くと合計1171台で不正があったという。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス

 関連ストーリー:
日産、完成検査での不正発覚後も不正が続いていたとして国内向け車両生産を一時停止 2017年10月20日
日産の無資格者による出荷前検査問題、発覚後も無資格者による検査が続いていた 2017年10月18日
日産の工場における無資格者による完成検査が行われていた問題、書類偽装も発覚 2017年10月04日
日産自動車、無資格の従業員が完成検査を行っていた問題で約121万台をリコールへ 2017年10月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード日産自動車

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース