米国株見通し:雇用拡大好感した買い継続

2018年7月9日 18:30

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:30JST 米国株見通し:雇用拡大好感した買い継続
S&P500先物  2770.75(+ 7.75) (17:55現在)
ナスダック100先物  7259.75(+26.25) (17:55現在)


 17時55分時点のグローベックス米株式先物市場で、S&P500先物とナスダック100先物は小幅高で推移。NYダウ先物は90ドル高程度で推移している。欧州株式市場は全面高。時間外取引のNY原油先物は0.20ドルほど下落。こうした流れを受け、9日の米株式市場は買い優勢気味に始まろう。


 前週末発表の米国の6月雇用統計は強弱まちまちの内容だったが、株式市場では非農業部門雇用者数の増加が好感されている。また、米中通商摩擦はついに貿易戦争へと発展したが、事態が深刻化するとは考えにくいとの見方もあり、悲観楽観ミックスのムードがみられる。NY原油先物については、ユーロ・ドルの反発で割安感が出ており、底堅い動きがイメージされる。


 本日発表となる米経済指標は、5月消費者信用残高のみで前月から伸び拡大が予想されている。伸び率は前回まで4カ月連続で鈍化し、個人消費が次第に慎重になりつつある状況が指摘されている。今回はいったん鈍化に歯止めがかかり、株式市場などにはポジティブな材料になりそうだ。《KK》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース