ストリームの子会社エックスワンがモイストリジュビネイターWを新発売

2018年7月3日 10:03

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

ストリーム<3071>(東2)の子会社エックスワンは、先進の技術を応用したヒト幹細胞培養液配合の新世代化粧水、XLUXES(エックスリュークス) モイストリジュビネイターを進化させた・・・。

ストリーム<3071>(東2)の子会社エックスワンは、先進の技術を応用したヒト幹細胞培養液配合の新世代化粧水、XLUXES(エックスリュークス) モイストリジュビネイターを進化させた・・・。[写真拡大]

写真の拡大

■「攻めのエイジングケア」では、ヒト幹細胞培養液を10%増量(従来品比)

 ストリーム<3071>(東2)の子会社エックスワンは、先進の技術を応用したヒト幹細胞培養液配合の新世代化粧水、XLUXES(エックスリュークス) モイストリジュビネイターを進化させた、「XLUXES((エックスリュークス) モイストリジュビネイターW(ダブリュー)」(1品目1品種、税抜12,855円)を7月17日から直営店舗及び同社直販サイトや他ECサイト等で販売する。

 従来のモイストリジュビネイターは、多くの肌の成長因子を含みエイジングケアの切り札として注目されているヒト幹細胞培養液を配合。さらには、国際美容業界イベント「in-cosmetics」で受賞した原料など世界中から高機能・高品質の美容成分を厳選・結集した化粧水だが、今回発売する「モイストリジュビネイターW(ダブリュー)」は、ヒト幹細胞培養液をはじめとする「攻めのエイジングケア」をパワーアップし、さらに肌サイクルと角質層の水分保持力に着目した。

 肌(皮膚)のいちばん外側にあり、厚さ約0.2ミリの薄い膜である表皮の角質層にある細胞間脂質の構造のように水分と油分が幾重にも重なる『ラメラ類似液晶』処方を採用し、美容成分全てを肌に浸透しやすくするために超微細ナノ化した。また角質層の保水力を多角的にサポートする先進の成分を配合している。

 「攻めのエイジングケア」では、ヒト幹細胞培養液を同社従来品と比べ10%増量し、加えて肌に透明感を与える効果とハリ・弾力効果を増強した。    一方、「攻めのエイジングケア」を効果的に実現するためには、日々紫外線や乾燥などに晒されている肌を健康的な状態に底上げすることが不可欠である。そこで、肌あれなどのダメージケア、環境ダメージケアを「守りのエイジングケア」とし、「攻め」と「守り」をバランスよく設計することで、今までにない肌実感を目指す。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)
【材料でみる株価】イオレは団体活動を支援するデータカンパニー(2018/02/19)
【業績でみる株価】夢真ホールディングスは17年9月期1Q大幅増収増益、通期予想に上振れ余地(2018/02/13)
【株式評論家の視点】スペースシャワーネットワークは第3四半期業績が年計画を上回り好調、下値圏に届き下げ渋る(2018/02/07)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース