交付前のマイナンバーカードが盗まれる 横浜市で

2018年7月3日 09:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 今年2月21日、横浜市鶴見区役所で交付前のマイナンバーカード78枚と、交付用端末として使用されていたノートPCが盗まれる事件が発生していたそうだ(日経xTECH鶴見区の発表)。

 盗難されたマイナンバーカードやノートPCは窓口に置かれており、担当職員がほかの業務に当たるために席を外していたタイミングで盗難されたとみられている。

 横浜市では2017年にも神奈川区で交付前のマイナンバーカード21枚を紛失する事案が発生していたという(横浜市の発表神奈川新聞)。こちらは原因が不明で、戸籍課職員なら誰でも入室できる場所に保管していたところ紛失したという(セキュリティホールmemo)。

 どちらのケースも盗難されたのは交付前の未設定カードであり、住民票の交付等には利用できないとのこと。また、カードに含まれている電子証明書については無効化を行った。ただ、身分証明書として悪用される可能性はあるとのことで、盗難されたカードの情報を警察に提供したほか、金融機関や携帯電話会社などに対しても申請者の同意を得た上で情報提供を実施し、申請者に対してはマイナンバーの変更手続きを行ってもらうという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | ニュース | プライバシ

 関連ストーリー:
マイナンバーと健康保険システムを連携させマイナンバーカードを保険証がわりに利用する計画 2018年04月24日
「IDとパスワードだけでオンラインで確定申告可能に」という話、スマホからの利用ではマイナンバーカードが必要に? 2017年11月06日
マイナンバーカードに公共施設利用カード機能を付加するマイキープラットフォーム 2017年09月29日
マイナンバーカードでチケット転売防止、ぴあが導入へ 2017年07月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード横浜マイナンバーセキュリティ

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース