東芝、ノートPC用ACアダプターを自主回収 発煙・発火の恐れ

2018年6月24日 18:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

KAMUI 曰く、 東芝クライアントソリューションは22日、東芝製ノートPCに同梱またはオプション販売されたACアダプターの一部に発煙・発火の可能性があるとして、交換・回収プログラムの実施を発表した(ACアダプター交換・回収プログラムに関するお知らせ)。

対象の製品は2009年12月から2011年7月に製造されたACアダプター4種類で、材料の劣化により発煙・発火する可能性があるという。対象となる製品の部品番号や同梱された可能性のある機種については「自主交換対象ACアダプターおよび機種一覧」を参照されたい。実際に交換対象となるかどうかは、判定ページでシリアル番号を入力して確認する必要がある。

 なお、本プログラムの対象となるのはAC入力2極タイプのACアダプターのみで、AC入力3極タイプは対象とならない。また、Android /iOSデバイスのカメラで読み取ったACアダプターのバーコードから判定ページのURLを生成するアプリも公開されている。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | ノートPC

 関連ストーリー:
Microsoft、Surface Pro 3シリーズまでの電源ケーブルをリコール 2016年01月25日
Lenovo、IdeaPad/Lenovo Gシリーズの一部モデルの電源コードを自主回収中 2014年12月15日
HP、ACアダプター用AC電源コードの自主回収・交換プログラムを実施 2014年08月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAndroid東芝

「電気機器業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース