Uber、スマホの利用状況から酔っ払いを識別する技術を特許申請

2018年6月20日 18:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 スマートフォンアプリを使った配車サービスを手がけるUberが、スマートフォンの利用状況から酔客かどうかを判断する技術の特許を出願したそうだ(ROADSHOWTechCrunchCNNSlashdot)。

 この技術は「ユーザーの状態」を判断するとされているが、Uberの目的は配車を頼んだユーザーが酔っているかどうかを判断し、事前にドライバーにその情報を伝えるということにあるという。出願内容にはユーザーの状態をドライバーに通知するシステムも含まれているとのことで、状況に応じて割り振るドライバーを変える、もしくはサービスを提供しない、といった判断も行うようだ。

 状態の判断は位置情報や入力精度・速度、操作状況、移動スピードなどを使って行うという。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | テクノロジー | 携帯電話

 関連ストーリー:
Uberの自動運転タクシーによる歩行者死亡事故、事前報告書が公開される 2018年05月27日
飲酒運転防止のためのアルコール検出機能付き自転車ロック 2015年08月15日
酔っ払いやおばあちゃんも? ネット回線が破壊される知られざる原因 2011年09月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードUber特許

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース