【銘柄フラッシュ】伏木海陸運送など北朝鮮への経済支援関連株が急伸しオハラは急騰

2018年6月15日 16:47

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 15日は、東証1部の値上がり率1位に光学ガラスなどのオハラ<5218>(東1)が入り、第2四半期の大幅増益と通期見通しの増額修正が好感されて朝方から買い気配のままストップ高の22.5%高に張りついて推移。

 2位は保育所などのライクキッズネクスト<6065>(東1)の21.2%高となり、14日発表の4月決算が大幅増益となったほか、政府が中小企業の従業員向け保育所を支援との報道を材料視。

 3位は田淵電機<6624>(東1)の15.0%高となり、インドの大手企業グループと協業するとされ、ソフトバンクグループ<9984>(東1)がインドで太陽光発電事業に巨額投資の方針とのNHK報道などが連想材料になったとの見方。

 米朝首脳会談に続き、日朝のトップ会談も年内に実現する可能性が言われ、北朝鮮の経済開発支援に関連しそうな銘柄が引き続き大活況。伏木海陸運送<9361>(東2)はストップ高の26.1%高、兵機海運<9362>(東2)は一時20.5%高となり大引けは7.4%高。だが2日ぶりに高値を更新。リンコーコーポレーション<9355>(東2)も一時16.3%高まで上げて大引けは1.5%高。ストリーム<3071>(東2)は家電やIT機器、化粧品のネット通販に追い風との見方で3.1%高だが高値引け。なぜか東証2部銘柄が多い。

 エヌ・ピー・シー<6255>(東マ)は世界50か国に太陽電池製造装置を出し、ソフトバンクグループ<9984>(東1)がインドで太陽光発電事業に巨額投資の方針とのNHK報道などが連想材料になったとの見方でストップ高の22.4%高。ALBERT<3906>(東マ)は5月中旬にトヨタ自動車<7203>(東1)から資本を仰ぐ業務資本提携を発表して急伸し、その後も株価が底堅いためディープラーニングや状態空間モデルなど最先端の分析技術に関する変化委への期待が再燃したとされて出直りを強めてストップ高の17.4%高。

 ジャストプランニング<4287>(JQS)は7月末日を基準日とする株式3分割の発表などが好感されて17.1%高と大幅高。オービス<7827>(JQS)は14日発表の第2四半期決算が営業・経常利益は大幅減益だったが予想を上回ったとされてストップ高の15.6%高と急伸した。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)
【材料でみる株価】イオレは団体活動を支援するデータカンパニー(2018/02/19)
【業績でみる株価】夢真ホールディングスは17年9月期1Q大幅増収増益、通期予想に上振れ余地(2018/02/13)
【株式評論家の視点】スペースシャワーネットワークは第3四半期業績が年計画を上回り好調、下値圏に届き下げ渋る(2018/02/07)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「銘柄フラッシュ」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング