APAMAN 子会社fabbitがCAMPFIREと業務提携、スタートアップ支援プログラムの提供を開始

2018年6月15日 14:42

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:42JST APAMAN---子会社fabbitがCAMPFIREと業務提携、スタートアップ支援プログラムの提供を開始
APAMAN<8889>は14日、子会社のfabbitとクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」を運営するCAMPFIREが業務提携契約を締結したと発表。

fabbitは、スタートアップ企業支援とコワーキングスペース運営を展開している。今回の業務提携により、両者でユーザーの相互紹介を行い、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」のユーザーとコワーキングスぺースfabbit会員を対象とした「スタートアップ支援プログラム」を提供する。

「スタートアップ支援プログラム」を利用したfabbit会員は、クラウドファンディング実施時のプロジェクトページの作成サポートを受けることや、通常よりも15%手数料を抑えて資金調達することが可能となる。「CAMPFIRE」で資金調達に挑戦したプロジェクト実行者およびファンクラブ開設者は、コワーキングスぺース、イべントスぺースの割引価格での利用やプロダクトの常設展示が可能となるとのこと。《MW》

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース