第三者による大量の商標登録出願問題、法改正で対処

2018年6月14日 21:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 特定の個人や法人が大量に商標登録出願を行っていた問題が2016年より議論されていたが(過去記事)、2017年に特許庁が対策を行うことを発表したのに続いて新たに法改正が行われ、「もとの出願が手数料未納により却下されたときは、分割出願の出願日はもとの出願の出願日には遡及しない」という対策が盛り込まれた。

 問題となっていた大量の商標登録出願については、出願後に出願手数料を支払わずに放置するという手口。今までは出願手数料を支払っていない場合でも、出願が却下されるまでは他の権利者が出願を行うことはできず、本来商標登録を希望する者による出願が妨げられる事態となっていた。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 日本 | パテント

 関連ストーリー:
特許を無効審判から保護するためにネイティブアメリカンの部族へ譲渡するという手法 2017年10月16日
米連邦最高裁判所、侮蔑的表現を含む商標の登録拒否は憲法違反とする控訴裁判所の判決を支持 2017年06月23日
特許庁、無関係の商標出願に対策。今後は先願の却下を待たずに審査 2017年06月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード特許

「知的財産権」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース