エボラブルアジアは5月の取扱高79%増加など好感され続伸一段高

2018年6月14日 11:02

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■動き出すと値幅が大きくなる傾向あり注目度は高い様子

 エボラブルアジア<6191>(東1)は14日、続伸一段高となり、10時30分を過ぎては2520円(93円高)前後で推移。一時2542円まで上げて1月につけた年初来高値を約5カ月ぶりに更新している。オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発・投資事業などを展開し、13日、5月の取扱高が57億6286万9461円(前年同月比179%)となり、うち一般顧客向け取扱高は同198%となったと発表。伸び率が驚異的と注目されている。

 今9月期の連結業績見通し(5月15日の第2四半期決算発表現在、IFRS基準)は、売上高に相当する売上収益が70.5億円(前期はIFRS基準でなく55.4億円)、純利益は8.8億円(同4.2億円)、1株利益は52円09銭とする。

 まだ1株利益の絶対額が小さいため、株価には割高感があるが、業績の伸びが大きく、株価も動き出すと値幅が大きくなる傾向があるとされ、注目度は高いようだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)
【材料でみる株価】イオレは団体活動を支援するデータカンパニー(2018/02/19)
【業績でみる株価】夢真ホールディングスは17年9月期1Q大幅増収増益、通期予想に上振れ余地(2018/02/13)
【株式評論家の視点】スペースシャワーネットワークは第3四半期業績が年計画を上回り好調、下値圏に届き下げ渋る(2018/02/07)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース