ソレイジア・ファーマが急伸、「SP-04」第3相臨床試験に進み三井住友銀行と契約

2018年6月14日 10:15

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「SP-01」などは中国で承認待ちの段階、事業化に向け運転資金の確保も進む

 ソレイジア・ファーマ<4597>(東マ)は14日、急伸し、取引開始後に10%高の348円(32円高)まで上げて出来高も急増している。13日の夕方、がん化学療法に伴う末梢神経障害への適応を目指す同社開発品「SP-04」の開発計画と、三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)の三井住友銀行とのコミットメントライン契約を発表。期待と注目が集まっている。

 発表によると、「SP-04」は、すでに権利導入元のスウェーデン企業により、欧米での第2相臨床試験、米国での日本人を含む第1相臨床試験などが完了している。そして、2018年度下期に、日本、韓国、台湾、香港において第3相臨床試験を開始する。

 このほか、「SP-02」は現在最終臨床試験(第2相試験)を実施中。また、「SP-01」(中国)及び「SP-03」(中国)は既に臨床試験等の開発が完了し、当局による承認審査の段階にある。「SP-03」(日本)は18年5月に日本国内で販売が開始されたが、これらの事業化において、製品の仕入、販売及び在庫保有という流通活動を遂行するため、運転資金需要が生じる。こうした資金需要に対応し、借入極度額1000百万円のコミットメントライン契約(あらかじめ契約した期間・融資枠の範囲内で、企業の請求に基づき、銀行が融資を実行することを約束(コミット)する契約)を結んだ。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング