Scye、2018-19年秋冬ウィメンズコレクション発表

2018年6月13日 20:42

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 Scye(サイ)は、2018-19年秋冬コレクションを発表した。

■端正な仕立てのデイリーウェア

 今季のコレクションでは、クラシカルな英国式のテーラリング技術を駆使した、上質な日常着を提示。伝統的な技術に加え、独自に進化させたカッティングと仕立て技術、オリジナルの素材開発を経て生み出されたピースの1つ1つは、ベーシックに忠実でありながらも、ユニークなオーラを放っている。

■上質な素材×造形美のベーシックアイテム

 最初に注目したいのは、服そのものの整った造形と、着た時の美しさを生み出す仕立ての丁寧さだ。上質なウール素材「スーパー120's」を使用した、厚みと立体感のあるウールメルトン生地のダッフルコートは素材の特性を生かした1枚仕立て。深みのあるブラウンの色彩が、シックで上品な雰囲気を演出する。また、ベーシックなピーコートは、大きな上衿が特徴。身頃や袖は身体に沿ってストレートに作り、端正なシルエットを描く。

■ワークウェアのアクセント

 スタイリングの振り幅を広くするのは、無骨なワークウェアのエッセンス。硬質なレザーを使用したブラウンのブルゾンは、不均一な色味の表情豊かな風合いが印象的。素材のハードな質感は、組み合わせたしなやかなロングフレアスカートや落ち着きのあるニットとバランスをとり、親近感とともに身体に馴染んでいく。一見マニッシュなコーデュロイのセットアップも、生地の光沢感が優雅さをプラスすることで柔らかな表情に。

■カシミヤや羊毛の温かみ

 秋冬シーズンならではの温かみのある素材も目を引いた。ボリュームのある上質なカシミヤニットのロングワンピースは身体を丸ごと包み込むほどのゆったりとしたシルエットが魅力だ。シンプルながらも存在感を放つ1着。

 スウェーデンのゴットランド島で生息するゴッドランドシープの原毛を使ったボマージャケットも、ぬくもりをダイレクトに感じられるアウターの1つ。原毛そのままのグレーの色味と、羊毛ならではのふわふわとした触り心地をジャケットに落とし込んでいる。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードサイ(Scye)2018年秋冬コレクション

「ファッション」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース