AMD Ryzen Threadripper第2世代、32コア/64スレッドに

2018年6月13日 20:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

shesee 曰く、 AMDはRyzen 2000番台(Pinnacle Ridge)と同じ世代のチップを4つ載せたAMD Ryzen Threadripperの後継を発表した(PC Watch)。

 今年第三四半期にリリース予定。TDPは250Wだが、既存のThreadripperのマザーボードと互換性がある。

 1つのパッケージに4つのダイを封入した形状で、32コア、64スレッドの同時実行に対応する。製造プロセスは12nmで、アーキテクチャはZEN+。CPUソケットは現行のRyzen Threadripperで使われている「Socket TR4」で、既存マザーボードでもBIOSアップデートだけで利用できるという。

 スラドのコメントを読む | Intel | AMD

 関連ストーリー:
Ryzen Threadripper夜間販売、購入者は30人程度 2017年08月13日
IntelがCore i9シリーズ全モデルの仕様を発表 2017年08月09日
AMD、サーバー向けの新たなCPUブランド「EPYC」を発表 2017年05月24日
2010年、IntelのCPUは32コアに 2006年07月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAMD (アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース