国内携帯電話出荷台数、従来型携帯電話がゼロに 18年第1四半期

2018年6月10日 21:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

maia 曰く、 IDC Japanのデータによると、国内での従来型携帯電話(キッズ携帯を除く)出荷台数が2018年第1四半期はゼロになったという(プレスリリースiPhone Maniaの記事)。

スマートフォン・従来型携帯電話を合わせた総出荷台数は前年同期比9.2%増の971万台。メーカー別シェアは1位のAppleが前年同期比11.3%増の48.8%となった。2位以下はSharp(15.6%)、Sony(9.8%)、Kyocera(7.3%)、Samsung(5.8%)の順で、SharpがSonyを抜いて2位に上昇した。主にMVNO向けに出荷されるSIMフリーモデルは前年同期から42.4万台減少し、34.2万台となっている。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | 日本 | 携帯電話 | iPhone

 関連ストーリー:
PHS、一般向けサービスが2020年7月末で終了に 2018年04月20日
iPhone X、販売状況はiPhone 8/8 Plus以下が続く 2018年02月22日
富士通が携帯電話事業を売却すると報じられる 2017年08月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleSamsungシャープ