ハードロックカフェ、6月14日に「レジェンダリーバーガー」を71円で提供

2018年6月7日 20:33

小

中

大

印刷

「レジェンダリーバーガー」(写真:WDI JAPAN発表資料より)

「レジェンダリーバーガー」(写真:WDI JAPAN発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ハードロックカフェは、創業記念日の6月14日に、創業年であめ1971年にちなみ「レジェンダリーバーガー」を71円(税別)で販売する。

■人気メニューがなんと71円に
 「レジェンダリーバーガー」は8オンス(約227グラム)のビーフパテを使用した、プレミアムバーガー。肉汁がたっぷりのパテにチェダーチーズ、ベーコン、フライドオニオンリングが重ねられている。世界各国にあるハードロックカフェの人気メニューで、通常は1,980円(税別)で販売されている。

 「レジェンダリーバーガー」を71円(税別)で提供するのは、創業年である1971年にちなんでのこと。この価格での販売は、Founders Day(創業日)スペシャル企画の一環。各店共に数量限定で、1人1個のみ、創業日である6月14日の17時~18時(ラストオーダー)予約のみの時間限定販売となり、他の割引サービスとの併用やテイクアウトは不可となっている。

■アメリカ料理をロックと共に楽しめる店として
 ハードロックカフェはロンドンに住んでいたアメリカ人、アイザック・ティグレットとピーター・モートンにより1971年にオープンした。アメリカ料理レストランであり、ギター型の看板、ロックをモチーフとした内装、店内でかかるロックが特徴となっている。世界75カ国に180店以上出店しており、日本にも東京店、横浜店、大阪店などがある。

 オープン当初、ヨーロッパではハンバーガーやステーキといったアメリカ料理を出す店が珍しかったが、すぐに人気店となった。他店にない雰囲気と共に、併設されているロックショップで購入できるTシャツやグラスなどのオリジナル商品もファンが多い。特に人気なのがピンバッジでコレクターも多く、各々のコレクションを交換する交換会まで開かれているほど。

■ハードロックカフェのメモラビリア
 ハードロックカフェはロック色を強めたダイナー風の内装が特徴だが、店の個性を際立たせているメモラビリアも重要な存在だ。メモラビリアとは記憶にとどめるべき出来事や品物のことを言うが、ハードロックカフェでは音楽関係の展示物を指している。

 例えば、ロンドン店の常連だったエリック・クラプトンのギターが、本人から寄贈され飾られている。楽器の他には、ミュージシャンの衣装やサインが入ったポスターなども。来店したことがない人も、料理とロックアイテムが生み出す雰囲気を楽しみに、創業記念日に訪れてみてはいかがだろうか。(stellarlight)

関連キーワードハンバーガー

「グルメ・食品」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース