バンダイ、「1000%スケールだんごむしガチャ」を開発

2018年6月5日 22:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 バンダイが自販機「ガシャポン」でダンゴムシのスケールモデルを発売する。一般的なガシャポンとは異なり、丸まった状態でそのまま排出されるという(ガシャポン公式ページロケットニュース24)。

 本物のダンゴムシのように丸まった状態と広がった状態を再現できる。広げたときの全長は約140mm。濃い灰色の他、青、白の3色のバリエーションで展開される。発売は8月の5週目(予定)で、価格は500円。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | バグ | IT

 関連ストーリー:
バンダイ、多色成形でリアルな肌の質感を再現したというプラモデルを発表 2018年03月30日
青島文化教材社、「1/32 高収入求人情報 バニラ宣伝カー」を発売 2017年12月11日
バンダイのプラモデル「PERFECT GRADE 1/72 ミレニアム・ファルコン」は模型を元にした模型 2017年09月06日
「筒状のカプセル」を使った新型ガシャポン 2014年05月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードバンダイ

広告