VRゴーグルやグローブ型コントローラで操作可能な分身ロボット KDDIが発表

2018年6月4日 23:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 KDDIが離れた場所で利用者の代わりに行動するというロボット「MODEL H」を発表した(ITmediaCNET Japan)。

 同社が出資するTelexistence社によって開発されたもの。利用者はVRゴーグルやグローブ型コントローラなどを使い、リモートでロボットを操作したり、ロボットがカメラや各種センサで取得した視覚情報や触覚、温度情報にアクセスできる。MODEL Hは上半身は人間型だが、二足歩行ではなく2つのタイヤで移動するようだ。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | ロボット

 関連ストーリー:
NTT東、テレワーク用に「分身ロボット」を導入 2017年07月28日
ロボットが小学校で授業 2009年05月13日
携帯電話で遠隔操作できる警備ロボット現る 2009年01月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロボットVRKDDI

「ロボット・人工知能(AI)」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース