VRゴーグルやグローブ型コントローラで操作可能な分身ロボット KDDIが発表

2018年6月4日 23:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 KDDIが離れた場所で利用者の代わりに行動するというロボット「MODEL H」を発表した(ITmediaCNET Japan)。

 同社が出資するTelexistence社によって開発されたもの。利用者はVRゴーグルやグローブ型コントローラなどを使い、リモートでロボットを操作したり、ロボットがカメラや各種センサで取得した視覚情報や触覚、温度情報にアクセスできる。MODEL Hは上半身は人間型だが、二足歩行ではなく2つのタイヤで移動するようだ。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | ロボット

 関連ストーリー:
NTT東、テレワーク用に「分身ロボット」を導入 2017年07月28日
ロボットが小学校で授業 2009年05月13日
携帯電話で遠隔操作できる警備ロボット現る 2009年01月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロボットVRKDDI

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース