NY株式:NYダウは251ドル安、貿易戦争への懸念が高まる

2018年6月1日 07:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:00JST NY株式:NYダウは251ドル安、貿易戦争への懸念が高まる
31日の米国株式相場は下落。ダウ平均は251.94ドル安の24415.84、ナスダックは20.34ポイント安の7442.12で取引を終了した。トランプ政権が、EU(欧州連合)やカナダ、メキシコ製の鉄鋼及びアルミニウムの輸入関税発動を発表し、各国が報復措置を表明するなど貿易戦争への懸念が強まり、終日軟調推移となった。原油相場の下落も嫌気された。セクター別では、自動車・自動車部品やソフトウェア・サービスが上昇する一方で家庭用品・パーソナル用品や食品・生活必需品小売が下落した。

ディスカウントストアのダラー・ゼネラル(DG)やダラー・ツリー(DLTR)は決算内容が嫌気され大幅下落。小売大手のシアーズ・ホールディングス(SHLD)は、売上高の減少や一株損失の拡大を受けて急落。欧州地域からの売上比率が高いオートバイメーカーのハーレー・ダビッドソン(HOG)は、EUの報復関税による業績懸念から売られた。一方で、自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)は、ソフトバンクが自動運転車部門に22.5億ドルを投資し、大幅上昇となった。

マーケット終了後にヨガウェアのルルレモン・アスレティカ(LULU)が発表した2-4月期決算は、売上高、一株利益ともに予想を上振れた。時間外取引で上昇して推移している。

Horiko Capital Management LLC《TM》

「海外株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース