日経平均テクニカル:大幅続落。5日線割れで短期調整局面入りか

2018年5月23日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:大幅続落。5日線割れで短期調整局面入りか
23日の日経平均は、大幅続落。前場中盤に値を崩した後は大引けまで底ばいが続いた。これまで下値支持線として機能してきた5日線が上昇から下降に転じており、日経平均の終値は5日線を下回った。25日線と200日線は上向きを維持し、中長期的な上昇トレンドは保たれたものの、短期的な調整局面に入った格好に。目先の下値メドとしては直近のもみ合い圏で25日線が位置する22500円付近が想定されよう。一目均衡表では、日々線が3月28日以来およそ2カ月ぶりの転換線割れとなり、相場の局面が上値追いからスピード調整局面入りに差し掛かっている可能性を示唆。ボリンジャーバンドでは、日経平均は+レンジ下限の+1σを大きく下回った。24日以降の反発が鈍ければ、中心線と+1σにレンジが下方移動する公算が大きい。《FA》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース