スペイン企業、羽根のない風力発電機を開発へ

2018年5月22日 17:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 スペインのVortex Bladelessという企業が、羽根のない風力発電装置を開発している(Energia Limpia XXI

 一般的な風力発電装置は風の力で風車を回し、それによって発電機を回転させて発電を行うが、同社の発電装置は風を受けた棒が振動する効果を使って発電を行うのが特徴。風車は軸や歯車などの部分のメンテナンスが必要だが、この方式ではそれがないため製造・設置コストやメンテナンスコストを削減できるという。

 また、風車の羽根部分がないために安全性も高く、稼働時の騒音も静かだという。発電効率は風車と比べて30%劣るそうだが、風車よりも高密度に設置でき、それによって効率の低さはカバーできると考えているようだ。

 同社は現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集している

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ハードウェア | 電力

 関連ストーリー:
中部電力と中部大学、風力発電所の風車への落雷を高精度で検出できる装置を開発 2018年04月25日
Apple、中国の風力発電事業に出資 2016年12月15日
Amazon、米テキサスで大型の風力発電所「Amazon Wind Farm Texas」を建設 2016年09月30日
台風時でも発電できる新型風力発電機 2016年04月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース