10インチの廉価版Surfaceタブレット、年内に登場か

2018年5月22日 23:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok曰く、 Microsoftが400ドル程度の廉価版タブレット販売を計画しているという。関係者によると、画面サイズは10インチで、2018年後半にも発売するという(ITmediaBloombergSlashdot)。

 外観もiPad風の丸みを帯びたものになり、充電や周辺機器との接続用にUSB Type-C端子を採用。バッテリ駆動時間は現行Surface Proよりも4時間ほど短い9.5時間ほどになるが、重量はハイエンドモデルと比べて約20%軽いという噂だ。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | マイクロソフト

 関連ストーリー:
米テネシー州、司法試験受験に使用できるのはノートPCのみとし、タブレットやデタッチャブルの使用は禁止 2017年06月24日
米国の学校で使われるハードウェアの納入数、ChromebookやWindowsがApple製品を抜く 2017年03月07日
Microsoftが液晶一体型デスクトップPC「Surface Studio」を発表 2016年10月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftUSB Type-CSurface

広告