TLS 1.3、ハンドシェイクが高速化

2018年5月15日 09:58

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 今年3月にインターネット技術タスクフォース(IETF)によって承認された TLS 1.3ではセキュリティの向上に加えて速度の向上も行われている(Developers.IO)。GREE Engineers' Blogによると、TLS 1.2とTLS 1.3を実環境で計測したところ、実際に30〜60ms程度のハンドシェイクの高速化が確認できたそうだ。

 TLS 1.3ではハンドシェイク(接続確立処理)において、クライアント-サーバー間でのデータやりとりが1ステップずつ少なくなっている。それに必要な速度分だけが実際に高速化されているようだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | インターネット | IT

 関連ストーリー:
IPA、「SSL/TLS暗号設定ガイドライン」第2.0版を公開 2018年05月10日
Yahoo! JAPAN、2018年6月1日以降TLS1.0/1.1のサポートを順次終了へ 2018年04月26日
中央省庁の全WebサイトでSSL/TLS対応を義務化する方向 2018年04月10日
TLS 1.0を無効化したIBMのクラウド、問題が発生して再び有効化 2017年08月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティTLS

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース