Windows 10のシェア、Steam調査で50%台を回復

2018年5月8日 10:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Steam ハードウェア & ソフトウェア調査4月分によると、Windows 10 64 bitが前月から17.41ポイント増の53.10%となり、昨年8月以来初めて1位に復帰している。

Windows 7 64 bitは20.90ポイント減の36.15%と大幅に減少し、2位に後退した。Windows 10全体では53.45%(17.49ポイント増)、Windows 7全体では38.12%(20.33ポイント減)で、今回減少したOSバージョンはWindows 7 64 bitのみ。OS別でみるとWindowsが96.43%(1.51ポイント減)、OSXが2.93%(1.29ポイント増)、Linuxが0.55%(0.22ポイント増)となっている。

Windows 7 64 bitは昨年10月ごろから簡体字中国語に連動して増減しており、今月の簡体字中国語は21.89ポイント減の30.35%。11.23ポイント増で34.37%の英語が昨年9月以来初めて1位に復帰した。このほか、NVIDIA/4 CPU/Intelプロセッサー/DirectX 12+Windows 10未満あたりも簡体字中国語ユーザーに連動して増減しているようだ。
StatCounterの4月分Windowsバージョン別シェアでは、1位のWindows 10がこの1年間で最も大きな増加幅となる2.12ポイント増の46.07%。2位のWindows 7はこの1年間で最も大きな減少幅の1.43ポイント減で40.08%となっている。国別では中東のサウジアラビアオマーン、南米のパラグアイペルー、アフリカのウガンダでWindows 10が初めて1位となった。

デスクトップOSの種類別シェアではWindowsが81.73%(0.18ポイント減)であり、デスクトップOS全体に占めるWindows 10のシェアは37.65%(1.65ポイント増)、Windows 7は32.76%(1.24ポイント減)となる。このほか、OS Xが13.18%(0.67ポイント増)、Linuxが1.66%(0.18ポイント増)、Chrome OSが0.98%(0.05ポイント減)となっている。

一方、Net Applicationsでは2か月連続で1位のWindows 7が増加、2位のWindows 10が減少している。Windows 7は前月から0.13ポイント増の43.57%、Windows 10は0.02ポイント減の33.81%。4月に最も大きく増加したのは4位のMac OS X 10.13で0.35ポイント増の4.95%、最も大きく減少したのは5位のWindows XPで0.23ポイント減の4.36%。全体に増減幅が小さい月となった。OS種別ではWindowsが88.42%(0.38ポイント減)、Mac OSが9.19%(0.18ポイント増)、Linuxが1.93%(0.09ポイント増)などとなっている。 

スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | OS | 統計 | デベロッパー

 関連ストーリー:
3月のデスクトップOSシェア、Net ApplicationsでWindows 7が再び増加 2018年04月06日
Windowsユーザーの総数は大幅に減少している? 2018年03月26日
10月のデスクトップOSシェア、Windows 10とWindows 7の差が1ポイント台に 2017年11月04日
Windows 10 64 bit、Steamで最も多く使われているOSバージョンに 2016年04月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードWindowsWindows 10MacWindows 7Windows XPIntelChromeLinuxChrome OSOS XNVIDIA

「ソフトウェア・OS」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース