『銀魂』が「モンスト」コラボで“違う玉”を引っ張り静止画CMに差し替え?

2018年5月4日 19:11

小

中

大

印刷

 人気スマホゲーム『モンスターストライク』とアニメ『銀魂』のコラボイベントが4月23日より開催されている。

【こちらも】アニメファンが選ぶ「男性声優人気ランキング2018」TOP20!

 ところが、そのコラボキャンペーンとして放送中であった「モンストコラボCM 坂田銀時篇」が、“違う玉”をひっぱりハンティングしていたため“静止画”に差し替えられ話題となっている。

■放送ギリギリなアニメ『銀魂』流のネタ企画

 「モンスト」の愛称で親しまれている『モンスターストライク』とは、RPGとドラッグ型(引っ張ったモンスターをぶつける)アクションを融合させたゲームアプリだ。そのモンストが4月23日より人気アニメ『銀魂』とのコラボイベントを開催している。

 ところがコラボレーションキャンペーンの一環として放送中だった「モンストコラボCM 坂田銀時篇」が、“違う玉をひっぱりハンティングしていたため”静止画に差し替えて放送されてしまったのだ。

 とは言っても無論これは『銀魂』流のネタ企画。同じく「モンストコラボCM 近藤勲篇」では“生まれたままの姿で協力プレイをしていたため”静止画に差し替えられたことになっているのだ。

 さらにこのコラボネタは続いており、当事者である坂田銀時と近藤勲に加え、志村新八や神楽などのキャラクターが経緯を説明する「コラボお問い合わせ(電話)窓口」を開設。こちらは5月2日から17日(11:59)まで24時間受付けとなっている。

■他にもコラボキャンペーンでは企画が盛りだくさん!

 モンストと『銀魂』のコラボは、他にも色々なキャンペーンがおこなわれている。

 キャンペーン公式Twitterアカウントをフォローしたうえで、銀魂メンバーの「反省文」を5月17日までにリツイートすると、限定イラストがひとりひとりにリプライとして届く。また、商品としてコラボ特製目覚まし時計やポストカード、amazonギフトカードなどがプレゼントされているのだ。

 加えて、コラボ期間中は、アニメ『銀魂』から厳選された4話が無料公開中となっている。

 今回のコラボでは下ネタあり、パクリあり、モザイクなしで暴れると予告していたアニメ『銀魂』。「モンスト」ファンなら『銀魂』を、『銀魂』ファンなら「モンスト」を、このコラボを機会に楽しんでみてはいかがだろうか。(記事:高塔・記事一覧を見る

関連キーワードTwitterコラボレーション銀魂モンスターストライク

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース