世界4位のスパコン「暁光」、助成金受給疑惑の影響で撤去に

2018年4月14日 18:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 海洋研究開発機構(JAMSTEC)に設置されており、スーパーコンピュータ性能ランキング「TOP500」では世界4位にランクインしていたスーパーコンピュータ「暁光」の運用停止と撤去が決まったと報じられている

 先日、「科学技術振興機構、ExaScalerに開発を委託していたスパコンの開発中止を決定」との報道があったが、撤去はこれを受けてのもの。ExaScalerはすみやかに運用停止と撤去を行うとしている。撤去されるものの破棄されるわけではなく、ExaScalerは別の場所での再稼働を目指しているという。

 科学技術振興機構によるスパコン開発中止決定はExaScalerの関連会社であるPEZY Computingの補助金不正疑惑を受けてのものだったが、暁光に関して技術面での疑義はなかった。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | スパコン | サイエンス

 関連ストーリー:
科学技術振興機構、ExaScalerに開発を委託していたスパコンの開発中止を決定 2018年04月06日
NEDO、助成金不正受給疑惑のPEZYに対し補助金交付を当面停止に 2017年12月30日
国内1位のスパコン「暁光」を手がけたPEZY Computingの社長ら、助成金をだまし取った疑いで逮捕 2017年12月05日
世界スパコンランキング2017年11月版発表、海洋研究開発機構の「暁光」が4位に 2017年11月15日
ベンチャー企業開発のスパコンが日本一の性能を達成 2017年10月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードスーパーコンピュータ海洋研究開発機構

「スパコン」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース