生分解素材を使った「土に返る」電気自動車、オランダで開発

2018年4月13日 12:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 オランダのアイントホーフェン工科大学の学生らが、ほぼすべての部品を生分解素材で作った電気自動車を開発したそうだ(日経新聞WIRED)。

 この電気自動車は「Noah」と名付けられている。Noahは2人乗りのコンパクトカーで、車体の大部分が生分解プラスチック製で、部品の9割以上が土に埋めると分解されるという。最高時速は100kmと控えめだが、1回の充電で最長240kmの走行ができるとのこと。

 プロジェクトでは2018年上半期に当局の許可を得てNoahのプロトタイプを公道で走行させる計画だそうだ。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 交通

 関連ストーリー:
米国のクラフトビールメーカー、生分解性の缶ビール6本パック用ホルダーを開発 2016年05月22日
植物繊維から軽くて強いプラスチックを作る 2011年04月01日
履き古した後、土に埋めると植物が生えてくるスニーカー 2011年02月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電気自動車オランダ

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース