【銘柄フラッシュ】ジェイテックが急伸しマーケットエンタープライズは医療機器リユース事業が注目されストップ高

2018年4月12日 18:53

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 12日は、東証1部の値上がり率1位にメディアドゥホールディングス<3678>(東1)の15.2%高が入り、ネット上に出回る「海賊版」の漫画・アニメサイトを政府が規制する報道などが材料視されて大幅続伸。

 2位はM&A情報・仲介などのストライク<6196>(東1)の8.7%高となり、今朝の日本経済新聞に「事業承継、異業種も参入、中小案件急増に商機」と出たことなどが材料視されたとの見方。

 3位はトリケミカル研究所<4369>(東1)の8.3%高となり、三菱UFJモルガンスタンレー証券が目標株価を4100円から6700円に引き上げたとされて急伸。

 ツインバード工業<6897>(東2)は12日の13時に発表した今期見通しが好感されて発表後に急伸し11.7%高。東京ラヂエーター製造<7235>(東2)は設立が1938年でこの秋に80周年のため記念配当への期待などが言われて9.0%高。要興業<6566>(東2)は東京都区部や都下でゴミ収集カレンダーが届かずゴミ処理が繁忙とされて5.7%高となり連日戻り高値。

 マーケットエンタープライズ<3135>(東マ)は医療機器の買い取り販売サイト開設が好感されてストップ高の20.7%高。ベガコーポレーション<3542>(東マ)は10日発表の業績見通し増額が好感されて10.8%高となり大幅続伸。 

 ジェイテック<2479>(JQG)は政府の外国人労働者の在留資格見直し方針などが材料視されて34.2%高と劇的な急反発。太洋工業<6663>(JQS)は熱硬化性の弾性フィルムに電子回路を形成した低反発FPCを開発と10日発表したことなどが材料視され2日連続ストップ高の14.6%高。ジャストプランニング<4287>(JQS)は4月締めの第1四半期業績が期待されたほか、毎月15日前後に発表する「契約店舗数・企業数」について、15日が日曜日のため前倒し発表になるのではとの期待も言われて13.2%高となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】ポールトゥウィン・ビットクルーホールディングスは高値圏、19年1月期も収益拡大期待(2018/02/18)
【株式評論家の視点】アイ・ケイ・ケイは逆張り指標で買いシグナル点灯、株主優待を狙う(2018/02/16)
【編集長の視点】加賀電子は業績の再上方修正、年間配当の再増配を見直し売られ過ぎ訂正買いが再燃し急反発(2018/02/16)
サインポストは主力のコンサルティング事業が好調、レンジ下限まで押す場面を待つ(2018/02/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「銘柄フラッシュ」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース