Windows 10の「メール」アプリ、リンク開くWebブラウザーはEdge固定か

2018年3月22日 09:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Microsoftは16日、Skip Aheadを選択したWindows Insider Program参加者を対象に、今後「メール」アプリでリンクを開くWebブラウザーをMicrosoft Edgeに固定するテストを行う計画を明らかにした(Windows Experience Blogの記事Neowinの記事The Vergeの記事On MSFTの記事)。

この計画は、Windows 10 Insider Preview ビルド17623(RS5)のSkip Ahead向け提供開始を知らせるブログ記事で発表されたものだ。記事ではMicrosoft Edgeを使用する利点として、セキュリティやバッテリーの持ちの良さ、Cortanaの統合といった組み込み機能、Microsoftのサービスの利用しやすさなどを挙げている。

Microsoftでは2016年にCortanaのWeb検索結果を表示するWebブラウザーをMicrosoft Edgeに固定して批判を浴びた。Cortanaと違ってメールアプリは他にいくらでもあるので、影響は小さいとの見方もあるが、反対意見も多いようだ。ただし、今回はまだテストの段階なので、フィードバックで反対意見が多ければ取りやめになる可能性もある。

ちなみに、17日の段階ではメールメッセージ内のリンクをクリックすると既定のWebブラウザーで表示されていたが、18日に再度確認してみると、「Sets」の新規タブとしてMicrosoft Edgeが開くようになった(ただし、タブは保存されない)。これはこれで便利という気もするが、スラドの皆さんのご意見はいかがだろうか。 

スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | インターネット | Windows | デベロッパー

 関連ストーリー:
Bing検索でポイントがたまるMicrosoft Rewards、日本でも近く提供開始か 2018年03月16日
Windows 10 Insider PreviewのRS5ビルドに「Sets」が再登場 2018年03月10日
Windows 10でChromeをBing検索するとEdgeの広告が大きく表示される 2018年01月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10Microsoft EdgeCortanaBing

「ソフトウェア・OS」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース