産総研、所内のインターネット利用を1カ月以上遮断 不正アクセス受け

2018年3月19日 23:09

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 産業技術総合研究所(産総研)で、2月13日よりインターネット接続が利用できない状況が続いているという(毎日新聞読売新聞)。

 インターネット接続が遮断された原因は、2月6日に発見されたという外部からの不正アクセス。産総研はこれを「重大なセキュリティインシデント」とし、同日より原因および影響範囲の調査を行っている。これを受けて2月13日より産総研内部からのインターネット接続の遮断を行ったとのこと(産総研の発表)。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 日本 | セキュリティ | インターネット

 関連ストーリー:
産総研が開発した「AISTパスワード認証方式」などが国際標準化される 2017年11月15日
産総研、ガラスの基本単位であるオルトケイ酸の結晶作成に成功 2017年08月15日
産総研、99.9%以上の電磁波遮蔽性能を持つ水性塗料を開発 2017年06月28日
イラクのインターネット接続が3日連続で3時間にわたって切断、学生のカンニング防止のため? 2016年05月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード産業技術総合研究所(産総研)

広告

財経アクセスランキング