BTC、再び9000ドル割れ、グーグル広告禁止を警戒【フィスコ・ビットコインニュース】

2018年3月15日 04:49

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*04:49JST BTC、再び9000ドル割れ、グーグル広告禁止を警戒【フィスコ・ビットコインニュース】
仮想通貨ビットコイン14日、続落し再び9000ドルを割り込んだ。世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)であるフェイスブックに続き、インターネット関連のサービスを提供しているグーグルが仮想通貨やイニシャルコインオファリング(ICO)関連の広告を禁止すると発表。詐欺などの消費者被害が多発しており、消費者を詐欺などから保護する政策を強化する。

広告の禁止が直接的に価格に影響を与えることはないが、投資家の仮想通貨への熱烈な興味は失われてしまう。

CBOEビットコイン先物(3月限)は8200ドルまで下落。CMEビットコイン先物(3月限)は8185ドルまで下落し、それぞれ1カ月ぶり安値を更新した。

他の仮想通貨も連れて下落した。イーサーは寄り付きから9%安。米国東部時間午後1時30分現在627ドル(コインデスク)、ビットコインキャッシュは高値から9.1%安の971ドルで推移。リップルは8.6%安の0.72ドル(コインマーケットキャップ)で推移した。《KY》

「マーケット」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース