つる植物による太陽光発電システムのトラブル、複数例が確認

2018年3月13日 00:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 昨今増えている太陽光発電システムだが、つる植物によってシステムにトラブルが発生するという例があるそうだ(日経xTECH)。

 太陽光発電所の外壁フェンスにつる植物が絡みつき、それが風を受けてフェンスが倒壊する例や、吸排気口からパワーコンディショナー内に侵入し、吸排気に支障が出て冷却トラブルになる、といったものが報告されているという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 地球 | 電力

 関連ストーリー:
熊本県の新電力会社・熊本電力が仮想通貨採掘に参入、余剰電力を活用 2018年02月23日
太陽光発電コストは2020年までに化石燃料を下回るという試算 2018年01月29日
2017年の太陽光関連事業者倒産数、過去最多 2018年01月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード太陽光発電

「テクノロジー・サイエンスの話題」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース