大阪地裁、国や自治体が不発弾処理費用を負担する義務はない

2018年3月2日 23:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 大阪地裁が26日、私有地で見つかった不発弾の処理にかかった費用を国や自治体が負担する義務はないとの判断を下した(朝日新聞)。

 この裁判は、大阪市浪速区の私有地で見つかった不発弾の処理に対し、市が不発弾処理にかかった費用のうち576万円を土地の所有者に負担させていたことを巡って争われたもの(過去記事)。判決によると、地方自治法には不発弾に関する規定がないという。

 なお、裁判において国は「一時的な責任は自治体や都道府県警察にある」と主張、大阪市は「原因は国策としての戦争であり国に責任がある」と主張していたという。

 スラドのコメントを読む | 日本

 関連ストーリー:
もし不発弾処理費用が自腹になったら、どうする? 2016年08月29日
5月9日に大阪市内で不発弾撤去作業実施 2015年05月09日
東京都北区で3月に発見された安全装置無し不発弾、処理作業は6月4日に 2013年04月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード裁判

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース