「オウム裁判」が終結 元信者・高橋克也被告の上告を棄却

2018年1月23日 11:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 最高裁は19日、オウム真理教元信者の高橋克也被告の上告を棄却した。これにより、1995年の地下鉄サリン事件から実に23年、計192人にも達した一連のオウム裁判は全て判決が確定、終結した(TBSニュース産経新聞日経新聞)。

 スラド諸氏の中にも当時事件に巻き込まれたり、または間一髪で難を逃れたという人もいただろう。一方で、オウム真理教というと秋葉原のマハーポーシャや後続のPCショップの印象が強い人もいるかもしれない。また若いスラド諸氏にとってはもはや生まれる前の歴史上の事件だろう。裁判終結を機に思い出話にでも花を咲かせてもらいたい。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 法廷

 関連ストーリー:
「あの世」を信じる人が増えているという調査結果 2017年08月09日
JR、可燃性液体の持ち込みを全面禁止へ 2016年02月20日
日本仏教は衰退の危機にある? 2015年12月09日
Googleマップでイタズラ、皇居内にオウム真理教道場が出現 2015年04月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード裁判

「社会」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース