トランプ大統領支持者向けサイトにオバマ氏ら茶化すようなメッセージが

2018年1月3日 11:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 トランプ大統領の支持者に向けたWebサイトaction.donaldjtrump.comなどのソースコードに、オバマ前大統領や大統領選で戦ったヒラリー・クリントン候補を茶化すようなメッセージが含まれていたという(TechCrunch)。

 たとえばJavaScript内にハードコードされているエラーメッセージには「ヒラリー・クリントンとこのリンクの共通点は何か?どちらも壊れている」などといった旨のテキストが含まれているという。ただ、if文の条件式で比較演算子(「==」や「===」など)ではなく代入演算子である「=」が使われているため、このコードは正しく動かないそうだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット

 関連ストーリー:
GNU man のイースターエッグが削除される 2017年11月23日
意図的に不具合を仕込むことでHTMLやCSS、JavaScriptの無断流用を防ぐテクニック 2017年11月15日
築地本願寺のHTMLソースコードに「お坊さん」のAA 2011年02月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードJavaScriptバラク・オバマヒラリー・クリントン

「インターネット・ウェブサービス」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース