ライフ RSS

 

PEN樹脂製の食器は有害か 給食への導入検討で反発

2017年11月20日 07:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 北海道・旭川市が小中学校の給食向けに導入しようとしているポリエチレンナフタレート(PEN)樹脂製の食器に対し、市民団体などから健康への影響があるとして反発が出ているという(北海道新聞)。

 従来は磁器製の食器を使っていたが、PEN樹脂製食器と比べて重く、破損割合も1年で10%と多いという点、そして樹脂製容器と比較して高価といったことからPEN樹脂製容器への切り替えを行う方針としたそうだ。

 PEN樹脂は耐久性や耐熱性に優れているという特徴がある(日経テクノロジーOnline)。国内・海外の両方で食器や飲食物などの包装容器として利用されており、融点は268℃程度とのこと。近年食器として使われるほか、最近では飲料用ボトル等の包装材としても使われることもあるようだ。そのため、食品安全委員会での安全性評価も行われているが、その原料や触媒、添加剤については人間の健康に影響を与える可能性は無視できると判断されている(ポリエチレンナフタレートを主成分とする合成樹脂製の器具又は容器包装の規格基準の設定に関する部会報告書)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 教育

 関連ストーリー:
「ブドウムシはポリエチレンを分解できる」という研究結果に対し異論が出る 2017年09月23日
米陸軍、ポリエチレン樹脂製ヘルメットを導入 2017年03月30日
東洋紡、酸素を通しにくい「PEF(ポリエチレンフラノエート)」の量産に成功 2016年09月08日
PET樹脂を分解する細菌が発見される 2016年03月16日
「ビスフェノール A」、カナダで有毒物質認定される 2010年10月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード北海道

広告

広告

写真で見るニュース

  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
  • 双子原始星からのふぞろいな分子流と円盤の想像図 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース