翻訳センターは年初来高値圏、18年3月期増額修正して2桁増益予想

2017年11月16日 09:06

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 翻訳センター<2483>(JQ)は日本最大規模の言語サービス会社で、専門性の高い企業向け翻訳サービスを主力として通訳や国際会議運営なども展開している。18年3月期第2四半期は減収減益だが計画を上回った。通期は増額修正して増収・2桁増益予想、そして連続増配予想である。株価は年初来高値圏だ。上値を試す展開が期待される。

■企業向け翻訳サービスを主力として通訳や国際会議運営なども展開

 特許・医薬・工業・法務・金融分野など専門性の高い企業向け翻訳サービスを主力として、派遣、通訳、語学教育、コンベンションなどに業容を拡大している。

 17年3月期セグメント別売上高構成比は翻訳事業69%(特許分野18%、医薬分野24%、工業・ローカライゼーション分野20%、金融・法務分野7%)、派遣事業9%、通訳事業8%、語学教育事業2%、コンベンション事業11%、その他2%だった。収益面では下期の構成比が高くなる傾向があるとしている。

 翻訳事業は専門性の高い産業翻訳に特化している。グループ全体で約6300名の登録者を確保し、対応可能言語は約75言語と国内最大規模である。また取引社数は約4400社、年間受注件数は約6万4000件に達している。翻訳サービスの需要は、企業のグローバル展開も背景として知的財産権関連、新薬開発関連、新製品開発関連、海外展開関連、IR・ディスクロージャー関連を中心に拡大基調である。

 第3次中期経営計画では、目標数値として18年3月期売上高110億円、営業利益7億50百万円、純利益4億50百万円、ROE10%以上を掲げている。また営業利益率については中期的に8%を目指すとしている。

 17年10月にはフュートレック<2468>から、みらい翻訳の株式を13%取得、メディア総合研究所の株式を100%取得(子会社化)すると発表した。みらい翻訳は精度の高い機械翻訳技術の開発、メディア総合研究所は翻訳事業・システムソリューション事業を展開している。

■18年3月期2Q累計は減収減益だが計画超

 11月9日発表した今期(18年3月期)第2四半期累計(4~9月)の連結業績(10月20日に増額修正)は、売上高が前年同期比1.3%減の49億03百万円で、営業利益が17.5%減の2億81百万円、経常利益が20.0%減の2億83百万円、純利益が10.1%減の2億03百万円だった。

 コンベンション事業の前期大型案件の反動で減収減益だが、主力の翻訳事業が好調に推移して計画を上回った。売上総利益率は43.1%で1.7ポイント上昇、販管費比率は37.4%で2.9ポイント上昇した。

 セグメント別売上高は、翻訳事業が5.7%増収(特許分野が7.3%増収、医薬分野が10.8%増収、工業・ローカライゼーション分野が3.2%増収、金融・法務分野がスポット案件の反動で7.4%減収)、派遣事業が25.7%増収、通訳事業が30.3%増収、語学教育事業が6.9%減収、コンベンション事業が80.1%減収、その他が5.5%増収だった。

■18年3月期増額修正して増収・2桁増益予想、配当は連続増配予想

 今期(18年3月期)連結業績予想は11月9日に増額修正した。売上高は3億円増額して前期(17年3月期)比3.7%増の106億円、営業利益は30百万円増額して11.8%増の7億80百万円、経常利益は30百万円増額して11.5%増の7億80百万円、純利益は10百万円増額して19.2%増の5億30百万円とした。

 コンベンション事業は前期の大型案件の反動で減少するが、主力の翻訳事業の好調が牽引する。子会社化したメディア総合研究所の新規連結も寄与して増収・2桁増益予想である。配当予想は据え置いて前期比3円増配の年間58円(期末一括)としている。4期連続増配で予想配当性向は18.4%となる。

 通期会社予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が46.3%、営業利益が36.0%、経常利益が36.3%、純利益が38.3%である。低水準の形だが、下期の構成比が高い収益特性を考慮すれば、通期ベースで好業績が期待される。

■株価は年初来高値圏

 株価は9月8日の直近安値3550円から切り返し、10月23日に年初来高値となる4140円まで上伸した。

 11月15日の終値3920円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS314円64銭で算出)は12~13倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間58円で算出)は1.5%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS2064円69銭で算出)は1.9倍近辺である。時価総額は約66億円である。

 週足チャートで見ると年初来高値圏でモミ合う形だが、26週移動平均線が上向いて先高感を強めている。上値を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【株式評論家の視点】ディップは第2四半期業績予想を上方修正、下押す場面は買い妙味(2017/09/20)
【編集長の視点】Jトラストは地政学リスクは織り込み済みとして今期1Qの好決算を買い直して反発(2017/09/20)
【株式評論家の視点】プロスペクトは大株主による売り一巡感、配当利回り妙味増す(2017/09/19)
【話題】東京・上野動物園のパンダ生後3か月になり東天紅は波打ちながらもジリ高継続(2017/09/12)
【編集長の視点】マーケットエンタは反落も営業黒字転換予想業績に買取拠点開設が加わり低位値ごろ株買いの再燃が有力(2017/09/15)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • マークX特別仕様車 250S
  • 1992年までわんぱくランドで稼働した「お城観覧車」(バンダイナムコアミューズメント発表資料より)
  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
 

広告

ピックアップ 注目ニュース